βグルカン健康食品を最大効率化する方法

βグルカンの最適摂取回数

推奨のとおりに「食間に水だけ」でβグルカン (ベータグルカン)を摂取すると、 1日の摂取回数は2回もしくは3回となります。 継続利用中のお客様の中でも、最も多いご利用パターンは「午前中に1回、午後に1回の1日2回」の摂取習慣です。 各人が最も無理なく楽にベータグルカンを摂取できる時間を見つけて調整してご利用されています。 ただし、早朝や夜間のβグルカン摂取に関しては諸説がありますので、少しずつ試されるのが良いでしょう。

もしもβグルカンの摂取を1、2回 忘れてしまった場合でも慌てる必要はありません。次からの摂取スケジュールを通常量で続けるだけで大丈夫です。焦って纏めて大量摂取するのではなく、次回の摂取を忘れないように心掛けることで十分です。少しの量でも定期摂取することでβグルカンが日々のチカラになってくれます。

βグルカンを効率利用するには

βグルカンの効率利用法

βグルカン・プレミア LINKs