βグルカン健康食品を最大効率化する方法

βグルカン摂取量の上限

βグルカン (ベータグルカン)に摂り過ぎはありません。成分としてのβグルカンは過剰摂取の場合でも、吸収しきれない分量は大腸を清掃しつつ体外排出されてしまうからです。したがって、過剰摂取の場合にもβグルカンの成分が原因で副作用等が発生するリスクは無いのです。

あるとしたならば、単純に食品・食べ物としての「食べ過ぎ」が起こる可能性はあります。高純度βグルカンは、見た目は少なくとも「満腹感を感じやすい食材」なのです。 その理由は、少量でも内容成分としては大量の食物繊維としての性質も兼ね備えているからです。空腹時に「山盛りの野菜だけ」を食べると、健康な人でも多くは胃もたれを感じるはずです。 空腹時のβグルカンは、これと似たような状況になりやすいことを念頭に摂取量を調整されるべきなのです。

個々人の体質体調で大きく異なるため、1回に4, 5粒も摂取する方もおられますが、1回に1, 2粒でも十分に大量のβグルカンを摂取できます。 この効率の高さが高純度βグルカンの特徴でもあるのです。βグルカン本舗が勧められる推奨量の上限は、目安として1回2粒程度(1日2, 3回)までです。 それ以上の大量摂取は非推奨なので、自己責任でのご利用となります。満腹感や胃もたれを感じない範囲でのご利用を強く推奨します。

多くの人々にとってのβグルカンの適量は、1回2粒程度(1日2, 3回)となっています。1回3粒以上(粉末1杯以上)は、かなり多い摂取量であることをご留意下さい。

βグルカンを効率利用するには

βグルカンの効率利用法

βグルカン・プレミア LINKs