βグルカンは病院でも利用が進んでおり、医師推薦サプリメントです。

βグルカン健康食品を
最大効率で活用する方法

βグルカンと他の食品の同時摂取

世界最高の品質のβグルカンだけにできることがあります

βグルカン (ベータグルカン)を他の健康食品や処方薬と同時に摂取することは推奨しません。

βグルカンは化学的に安定な成分物質なので、他の成分や薬品と作用反作用を引き起こすような「害」の心配はありません。通常の食品なので、食べ合わせに神経を使うことも不要で、気軽に利用することができます。しかし、βグルカンの効率の観点から考えると、他の食品と近い時間帯に摂取するのは避けた方が良いでしょう。多くの食品に含まれているタンパク質や脂質がβグルカン分子を包み込んでしまうと、βグルカンの機能性が著しく低下してしまいます。『オルタスβグルカン85』のような高純度βグルカンは、タンパク質や脂質を削ぎ落とす精製工程に時間と費用を掛けているのですが、食事と近い時間帯にβグルカンを摂取すると折角の高純度が不純物マミレになってしまうのです。これでは、折角の超高純度βグルカンが、「モッタイナイ」ことになってしまいます。

βグルカンを摂るなら、食事や他の健康食品の摂取に対して、最低30分できれば1時間程度の時間間隔を置き、βグルカン単独で水と共に摂取することで機能性が高効率に保てるのです。

処方薬や他の健康食品との併用 >>