βグルカンは病院でも利用が進んでおり、医師推薦サプリメントです。

βグルカン健康食品を
最大効率で活用する方法

処方薬や他の健康食品との併用

世界最高の品質のβグルカンだけにできることがあります

βグルカン (ベータグルカン)は、食品分類上では通常食品と位置づけられるため、病院での処方薬や他の健康食品と併用しても問題ありません。成分の化学的な性質も非常に安定しているので、他の薬品と化学反応を起こすような危険性も無く、安心してご利用頂けます。利用される方の殆どが、何がしかの薬品や健康食品と併用されています。

ただし、他の健康食品と併用する場合には、時間間隔を空けることをお勧めします。純度が高く不純物の殆ど無い『オルタスβグルカン85』と比べると、多くの健康食品は含有成分の殆どが不純物です。その不純物の多くにはβグルカンの機能性を低下させるタンパク質や脂質が多く含まれています。つまり、『オルタスβグルカン85』から見れば、他の健康食品はまさに食事に近いほど不純物に溢れているため、近い時間帯に摂取するとβグルカン分子が不純物で覆われて、機能性が低下してしまうのです。それを防ぐために他の健康食品を併用する場合には、それを食事と同等と考えて、βグルカンの摂取に対して前後30分間、可能なら1時間程度の時間間隔を置くことを推奨しています。

機能性が異なる他の健康食品を併用することは可能性のプラスになります。しかし、それによって 最も期待値の高いはずのβグルカンの機能性が阻害されるのは本末転倒というものです。他の健康食品との時間間隔は、βグルカンの効率性を保つために必須と言えるます。

なお、処方薬等で治療中の方は、主治医へ相談してからのご利用をお勧め致します。

便利なカプセルか、お得な粉末か? >>