βグルカン健康食品を最大効率化する方法

βグルカンの保管方法

高純度βグルカン (ベータグルカン)の保管方法としては「湿気の少ない冷暗所」に保管することを推奨しています。 具体的には、食器棚や書棚で十分です。常温保存で湿気が無ければ、βグルカンの品質は保たれます。

殆どの健康食品が同様に「冷暗所」への保管を薦めているはずですが、 非常に多い勘違いに「冷蔵庫」への保管があります。

1年間を超えるような長期間の保管が不可避の場合には、 冷蔵庫も保管場所の検討対象ですが、 そもそも 数ヶ月以上分もの大量購入は、推奨されるべきではありません。

βグルカンは非常に安定な物質なので、 長期保管も、温度変化にも品質の劣化は殆ど無いのですが、 唯一に懸念があるとすれば、湿気と雑菌です。

製造段階では、世界最高の製造技術基準であるISO14000に従って製造されているため、最高レベルの衛生管理によって、ある程度の長期保管にも耐えられる商品です。

しかし、「お得」だからと度を越えた大量購入は薦めていませんので、ご了承下さい。大量の割引セットが用意されているのは、病院関係者や家族、ご友人での共同購入用の品揃えですので、個人様の購入に対しては、お勧めしておりません。推奨は、2, 3ヶ月間にご利用予定の分量を都度に購入されることです。

βグルカンを効率利用するには

βグルカンの効率利用法

βグルカン・プレミア LINKs