βグルカン健康食品を最大効率化する方法

βグルカン摂取に最適なタイミング

「食間に水だけ」で摂取することで、βグルカン(ベータグルカン)の効率を最大化することができます。 ベータグルカンの純度を損なうことなく、最大効率で摂取するには、食事に対する時間間隔を前後に30分間、可能ならば1時間程度確保することが重要です。つまりはβグルカンのことだけを優先するならば、空腹時の摂取が最高効率を導くのです。

なお、食事と近い時間帯にβグルカンを摂取した場合でも、効率が低下するだけであり、”害”になるわけではありません。あくまで高純度を最大限に生かした効率を最大化する観点からの留意事項です。

高純度βグルカンを高純度のままに最高効率で活用するには、「食間の空腹時にβグルカン」を習慣にするのが最高の摂取タイミングの継続とできます。

「食間に水だけ」で摂取することで、βグルカンの効率を最大化することができます。 ベータグルカンの純度を損なうことなく、最大効率で摂取するには、食事に対する時間間隔を前後に30分間、可能ならば1時間程度確保することが重要です。つまりはβグルカンのことだけを優先するならば、空腹時の摂取が最高効率を導くのです。

なお、食事と近い時間帯にβグルカンを摂取した場合でも、効率が低下するだけであり、”害”になるわけではありません。あくまで高純度を最大限に生かした効率を最大化する観点からの留意事項です。

高純度βグルカンを高純度のままに最高効率で活用するためには、「食間の空腹時にβグルカン」を習慣にするのが最高の摂取タイミングであり、効率活用を継続できます。

βグルカンを効率利用するには

βグルカンの効率利用法

βグルカン・プレミア LINKs